有田の美しい響き① 青木龍山 清高工房

2014-12-26
人には忘れられない場所がある 人にはふとした時逢いたい人がいる 炎と土 。。。 究極の熱き想いが 謙虚に織りなす器たち 時空を越えて 美しく優しい時間(とき)が流れる空間 そこは…     image                佐賀県有田町 青木龍山清高工房 image 青木清高氏   時を刻むガラスの時計  陽射しをうけて輝く窓ガラス    柔らかな灯りを灯すガラスの電灯 古き時代を彷彿する落ち着いた佇まいの館である。   image   image   image 亡きお父様は文化勲章を授賞された青木龍山氏。 お父様のご遺志を受け継がれたご子息の清高さんの 奢ることなく謙虚に真摯に『陶』と向き合われるお姿は、 作品からも私達の心に響くものがある。   柔和な中に凛とした作品に清高さんの そのお人柄と陶魂が伺える。 image 特に彼の青磁の世界は奥深くとても美しい❕ 私は青磁が好きである。 玉への憧れから中国で生まれた青磁 日本には12世紀頃から伝来し,『茶の湯の発達』の中で 日本人の美意識によって唐物の最高峰として尊ばれているが 有田で『青木清高の世界』として このすばらしい青磁が生まれていることがとても嬉しい。 『器物は人の思想を写すものなり 名器を作らんとすれば 先ず自身の高尚の思想を養うべし』 この言葉に適う 有田の作家さんである。 丁寧に淹れてくださった奥様のお茶がとても美味しく 清らかな風を流されるご夫婦に 癒される『優しい時間』 そんな風が流れる工房の空間に 年末の忙しさの中ふと 又身を委ねたいと思う年の瀬である。 ーホームページー http://ryuzankoubou.jp image エッセイ 『父 青木龍山』は心の琴線に響きます。是非お読みください。
Copyright(c) 2013 花伝シンフォニー All Rights Reserved.