手元供養

ごあいさつ 手元供養とは 「故人を想う心」を癒す、新しい供養のかたちです。 最近注目度が高まっております手元供養ですが 「手元供養」は、伝統的な仏壇・位牌・お墓に加え、時代に合った 新しい供養として注目され 今や日本の葬送文化のひとつでもあります。 核家族化や生活様式の変化に伴い、葬送や供養に対する考え方や価値観b 生活スタイルの変化によって ご遺族に優しいご供養の方法のご提案です。 □お墓が遠方のため、墓参りが難しい」 □経済的な理由など何らかの事情でお墓を建立できない □仏壇が無い あるいは置く場所がなく・・・しかし故人を偲びたい □亡くなられた愛おしい大切な方と共に生活したい □愛おしい方をひとりで暗いお墓にいれたくない 1.死生観、供養感の多様化 宗教的供養を望まない人が増え、従来の形式に替わる供養の方法が求められています。 従来の墓地への埋葬のほか、散骨、樹木葬といった自然葬が 社会的に容認されつつあり、 故人の生きた証を残したいという ご要望が増えてきております。 2.社会的背景 少子高齢化 娘一人・単身者などの増加により、継承を前提とする「お墓制度」 (江戸時代になって徳川家康による国民管理の一環としての「寺請け制度」に基づくもの) に対応できない家族が増えています。 また、後継者に負担を掛けたくないといった気持ちや、不景気に伴う個人資産の減少、 介護費用の負担などにより、平均250万円とも言われる葬儀費用の負担が大きいことも上げられます。 又都市部での住宅事情により、仏壇を置かない家庭が増えており、手元供養は場所をとらないことから、 支持されています。 3.精神的背景 残された遺族が、身近な人の死によって受ける精神的ダメージ (喪失感・罪悪感など)などから 自発的に克服するきっかけとして手元供養・メモリアルジュエリーを選択することも増えてきている。 徒然なるままに 最近手元供養に関心が高まってきています。 死生感の変化が伺えます。 image image image image image image image
Copyright(c) 2013 花伝シンフォニー All Rights Reserved.